流れ行く雲のように

アクセスカウンタ

zoom RSS ガンダム無双Special

<<   作成日時 : 2008/03/27 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 PS3で発売されたガンダム無双は本体ごと買おうとも思えなかったので無視していたのですが、PS2で出る事になったので買いました。発売日にゲームを買ったのは何年ぶりだったか自分でも覚えていません。

 TVアニメーション原作に沿ったオフィシャルモードとオリジナルストーリー展開のオリジナルモードに分かれますが、オフィシャルで使われているのが「機動戦士ガンダム」「機動戦士Ζガンダム」「機動戦士ガンダムΖΖ」の3作品のみ。しかも最長で4話、キャラクターによってはたった2話でおしまいという人もいますので、このゲームからすればおまけのようなものでしょう。
 オリジナルモードは武者ガンダムが眠る謎の小惑星を巡ったチーム間の衝突を描く、全員5話構成。こちらでしか出てこないキャラクターが相当いるので、こちらが主体です。
 チーム分割は次の通り。
1:アムロ(Ζ時代)・シャア(クワトロ・バジーナ)
2:ドモン・ミリアルド・プル
3:ロラン・エマ・プルツー
4:カミーユ・ハマーン
5:ジュドー・ルー・シロッコ
6:東方不敗・ヒイロ・ジェリド
7:武者ガンダム・武者ガンダムMKII

 因縁深い1や木星関係の5など共通項があるチームもあるものの、2や3のようにどういう基準でこのチームなのか理解に苦しむものもあり。
 もっともチームメイト間でいろいろやりとりがあり、成長する者もいる。
 戦闘中だけでなくインターミッションでも喋るので、飛ばさないで聴いてみるとなかなか面白いです。特にプルとプルツーは本多知恵子の二役なので、演じ分けの妙を味わえます。

 オリジナルモードでの原作と違う人々。
○エルピー・プル
 何故かドモンに懐いています。お馴染みの「出ろー、ガンダム!」をキュベレイでやってみたり(声が裏返ってます)、ジュドーをルーに取られると嫉妬して駄々をこねたりと、高度な操縦技術を無駄な方向に駆使しています。
○プルツー
 ツンデレ1号。平和主義のロランをエマ共々叱咤していますが、そんなロランの言動に心引かれることも。
○ハマーン・カーン
 ツンデレ2号。最初はカミーユを手駒にしていたんだけどだんだん彼の事を認めるようになっていき、最後の戦いでは指揮を任せるまでに。エンディングムービーでもこっそり彼を援護しています。
○パプティマス・シロッコ
 最初は偶然出会ったジュドーやルーを利用しようと思っていたのでしょうが、ジュドーの人柄にだんだん感化されていきます。(ハマーンもそうですが)てっきり最後に裏切るんじゃないかと思っていただけに意外や意外でしたが、これはこれで良かったのかも?
○東方不敗
 デビルガンダムなどが登場しないせいか、裏切りなどはなし。ドモンと戦うことはあるのですが、弟子を揉んでやろうという親(?)心みたいなものです。同チームのヒイロを新弟子にスカウトしたいみたいですが、当の本人が嫌がっているせいか空回り気味。
○武者ガンダム&武者ガンダムMKII
 この2機は自己意志を持って動いていますが、彼らのシナリオをクリアすると普通のモビルスーツのように人間の乗り換えが可能になります(武者や武者MKII自身は乗り換え不可)。エンディングムービーは異なりますが、機能停止に至るまでの経緯が少し哀しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンダム無双Special 流れ行く雲のように/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる